【株式投資】 決算後、個人投資家が狼狽売りで大損?

kdyfj.jpg


先週の金曜日に、
僕が保有している銘柄の決算発表がありました。

決算は良いものではありませんでした。

良い決算ではなかったけれど、
それは決算発表前から「織り込み済み」で、
それでもヘッジファンド等が株を買い集めていました。

僕や、多くの個人投資家達は、
「何か大きなIR発表があるのかな?」と期待しました。


そして、いざ決算発表が終わると、
決算が悪いということで、
「夜間取引」で個人投資家達が狼狽売りしたのです。
終値の-15円も安く売られていました。


決算発表では、
決算発表と共に「今後の事業計画」も添えられていました。

その事業計画を読んでいると「希望」が湧いてきます。
この、事業計画があるからこそ、
ヘッジファンド等が必死に株をかき集めていたのだろうと思いました。


個人投資家達は、
「中長期」で保有している方々は「ガチホ」です。
握力が強くて、現物買いで保有しています。

反対に「短期」で保有している方々は信用買いが多く、
株価下落に敏感です。


また、夜間取引(PTS)などでは、
「騙し上げ」・「騙し下げ」があるようです。

夜間取引で株価が下がっているのを見ると、
個人投資家達は不安になってしまいます。

そして、不安になり損切するんです。
その損切が、他の人達の損切を誘発します。


そうやって、
個人投資家達の不安を駆り立てて株価を下げるんです。

そして、下がった株を買い占めるんです。

株式市場には、そういうことをする人達も多いって事です。


今回、僕も不安になりました。
朝から「損切」して、
株価が下がったところで「買戻し」をしようかな?
そのように悩んでいました。

悩んでいても仕方がないから考えました。

・決算が悪いことは織り込み済み
・ヘッジファンドが株を買い占めていた
・決算が悪くて株を投げ売りしているのは個人投資家達


そもそも、株価を動かしているのは「大口投資家」です。
大口投資家たちの動向に合わせるのがベスト。

今日、大口投資家達が、
「どのような行動に出るか?」を見ようと思ったんです。

大口投資家達が、空売りを仕掛けてきたなら?
僕は損切していたと思います。

今日は、ずっと歩み値を観ていると、
大口投資家達の空売りは無いようにみえました。


取引が開始して、一時的に株価は下がりました。
個人投資家達が投げ売りしたからです。

その、個人投資家達が投げた株を、
大口投資家達が回収しているようにみえました。

そして、金曜日と同じ株価になり取引時間が終わりました。


決算が悪くても、
今後の事業計画が素晴らしいので株価が大幅に下がりませんでした。

というか、悪材料が出尽くしたので、
これからは株価が下がる材料が見当たりません。

これから、事業計画にのっとったIRの期待がある。


今日は、改めて勉強になりました。

株価をコントロールしているのは「大口投資家」達です。
大口投資家達の動向に合わせて自分も立ち回る。


個人投資家達の動きに合わせていたら損をするんだなと。










この記事へのコメント